世界IBDデーを知っていますか?

潰瘍性大腸炎やクローン病など、世界には炎症性腸疾患と闘っている方がたくさんいます。
日本だけでなく世界中にいる仲間たちとともに、IBDについての理解を深める日。
それが「世界IBDデー」です。

毎年5月19日に行われ、Twitterや各種SNSでIBDに関する発言が盛んになったり、世界IBDデーに合わせたシンポジウムなども行われています。
そんな世界IBDデーに、みんなの夢や目標をメッセージやイラスト、写真で表現し、ひとつの動画として残す。
そうしたらきっと、素敵な1日になると思いませんか?

みんなで動画を作りたい!

動画が閲覧できない方は このリンク を押してください

例えば、入院中の窓から見た風景。検査したこと。診察室の景色。
家に帰って久しぶりに食べた、おいしいおかずのあの味。
あなたがつらかったこと、うれしかったこと、これから考えていること。
将来の夢、寛解したらやりたいこと、楽しみにしていること…

今を生きるあなただからこそ、表現できる想いがあります。
未来を憂いたあなただからこそ、今の人達に伝えられるコトバがあります。
そんなあなたの想い、動画に残してみませんか。

この企画では、みなさんのメッセージやイラスト、写真を募集します。
それをもとに動画を編集し、YouTubeへのアップロードを考えています。


潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんだけでなく、患者の家族・知人・医療関係者、IBDとその患者さんにかかわるすべての方が応募できます。

企画に応募できるもの

みなさんからのこんなアイテムを募集しています。

  • 文章 もしくは 手書きメッセージ
  • イラスト もしくは 写真

メッセージ

およそ100文字程度の文章、もしくは手書きメッセージです。
画像やイラストがなくてもOK。メッセージor手書きメッセージのみのご応募も大歓迎です。
その場合、メッセージに合った雰囲気の写真をこちらが用意いたします。

手書きメッセージはちょっと説明が難しいので、参考に「肉が食べたい」という手書きメッセージを書いてみました。
こちらは筆ペンで書いていますが、ボールペンでも大丈夫です。

写真やイラストと一緒に

メッセージや手書き文字を動画内で合成します。

イラスト

あなたの好きなように表現したイラストをご応募下さい。
横長だと嬉しいですが、それ以外のサイズでも構いません。

写真

顔や個人が特定できるものが映りこんでいない、風景などの写真が望ましいです。
食べ物や、穏やかそうな治療風景なども可能です。
横長だと嬉しいですが、それ以外のサイズでも構いません。

イラスト・写真・メッセージなど、内容に関してこちらから確認のご連絡をさせていただく場合があります。

スケジュール

2019.02.01 サイト公開
2019.02.16 応募受付開始
→2019.03.31 応募締め切り
2019.05.19 Youtubeに動画公開

応募フォーム

応募フォームメーラー

メール送信アプリケーションが起動します。もし文字化けを起こしたりする場合は、以下のテンプレートをコピー&ペーストしてご使用ください。
なおその場合、タイトルは「動画投稿プロジェクト 応募メール」など分かりやすいものにしていただけますとありがたいです。

ハンドルネーム:
性別:
年齢or年代:
メッセージ(100文字程度):
備考(名前や性別、年齢などを伏せてほしい場合はここにその旨をお書き下さい):

応募の際の注意事項

主催者ってどんな人?

  くわっち(20代)

2019年で潰瘍性大腸炎10年目。入院歴2回、オペ歴はなし。
2歳半の子供を育てている主婦です。
3個パックのプリンをつるっと食べることが日々の楽しみです。

参加してみたい企業・団体様へ

この企画では、企業や団体の方からのメッセージも受け付けております。
IBDになんらかの関わりがある、もしくはIBDに興味のある企業・団体様ならどなたでも構いません。
応募に関しては前述のとおりですが、ご応募の際は担当者名も明記していただけますと非常に助かります。

ご連絡をご希望の方は、Twitter( @kuwatti_uc )・Instagram( @kuwatti_uc )のダイレクトメール、
もしくはメールアドレス( world_ibd_day_event◎yahoo.co.jp )のいずれかまでご連絡ください。